海中でも快適な呼吸ができるフルフェイス型シュノーケリングマスク「Seaview180°SV2」Santa land

こんにちは。Santa Landです♪

今回ご紹介するのは、海の中でもまるで地上にいるようにスムーズな呼吸を可能にしたフルフェイス型のシュノーケリングマスク「Seaview180°SV2」です。

従来のシュノーケリングマスクは口からしか呼吸ができないため、海中で快適な呼吸ができるとは言い難い代物でした。
しかしこのSeaview180°SV2を使えば、たくさんの人たちが、より快適で安全に呼吸をしながら、シュノーケリングを楽しめるようになるはずです。

今回は、このSeaview180°SV2がどんな製品なのか詳しく説明していきます。

※海中でも呼吸ができるのはチューブが水の外に出ている時だけで、海中に潜っている間は呼吸ができません。

Seaview180°SV2は海中でも自然な呼吸環境を提供

Seaview180°SV2はフルフェイス型のシュノーケリングマスクですが、

マスクの内部は鼻から上の部分と下の口の部分の2つの空間に分かれていて、

4つの吸気バルブが付いています。

シュノーケリングチューブから届いた空気はまず鼻の部分の空間に入り、

2つの吸気バルブから口部分へ空気を送ります。

鼻から吐いた息は残り2つの吸気バルブから口部分の空間に送られますが、

バルブには逆流防止弁が付いているため、口部分から鼻部分の空間へ空気が逆流することなく、

チューブから排出される仕組みです。

Seaview180°SV2はこの仕組みによって空気の循環をスムーズにし、

マスクの中でも自然な呼吸を可能にしました。

 

180°の広視野角と鮮明な視界でシュノーケリングをより楽しめる

Seaview180°SV2では、吐いた息が全て口部分の空間に集まる設計のため、ゴーグル部分が吐息で曇る心配はありません。
さらに視界を広く取ることを考慮して設計されていて、これにより180°の広い視野角度を実現しました。
視野が広く、曇らない設計はあなたにより快適なシュノーケリングライフを提供してくれるでしょう。

 

自動排水機能も搭載

Seaview180°SV2では、これまでのシュノーケリングマスクのように、マスクを外して溜まった水をいちいち外に出す必要がありません。
海面に出るとあごの排水バルブから、マスクに溜まった水が自動で排水される機能も付いています。

 

アクションカメラをつけて海中を泳げる

マスクの横には、「GoPro(ゴープロ)」も取り付けられます。
GoProはご存知の方も多いでしょうが、高画質の映像を撮影できる小型軽量の防水アクションカメラで、アウトドアに必須の人気アイテムです。
GoProを付けてシュノーケリングをすれば、海中の映像を高画質で録画できます。

 

前作はAmazonで1,500件以上の5つ星を獲得!期待の新作から目が離せない

Seaview180°SV2は、アメリカのクラウドファンディングサイト「KICKSTARTER(キックスターター)」で出資を募っていて、現在既に目標の5倍以上の額を集めています。
それもそのはず、Seaview180°SV2の前作となる「Seaview180°」はアメリカのアマゾンでアウトドア部門1位を獲得し、1500人以上のレビュワーから五つ星の評価を受けているのです。
これだけの人気を博した商品の新作なので、多くの人たちから期待されるのも当然と言えるでしょう。
より快適なシュノーケリングをしたいという人には、見逃せないアイテムですよね。

Seaview 180® SV2 – Elevate Your Snorkeling Experience.

あなたの人生が、今よりもちょっとハッピーになりますように。

Image: KICKSTARTER
Source: KICKSTARTER

writer:ヴァシコ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です