低位置でも、被写体を追いかけながらでもキレイな映像が撮影できるカメラの3軸ジンバルスタビライザー!「Kylin M」santa land

低位置でも、被写体を追いかけながらでもキレイな映像が撮影できるカメラの3軸ジンバルスタビライザー!「Kylin M」!

Kylin M: 3-axis stabilizer for lightweight cameras

こんにちは。Santa Landです♪

今回ご紹介するのはデジタル一眼レフやミラーレスデジカメ、アクションカメラやスマホにも対応した3軸ジンバルスタビライザー「Kylin M」です。

ジンバルスタビライザーとはカメラを固定する手持ちの棒のようなもので、

内臓のモーターがカメラの傾きを自動で修正し、撮影時のぶれを補正してくれます。

ジンバルスタビライザーを使えば手持ちのビデオ撮影でも、

手ぶれによる映像のブレがなくなり、スムーズな動画の撮影が可能です。

スポーツシーンなど躍動感のある映像の撮影も、

被写体を追いかけながらプロ並みの撮影が可能となります。

ジンバルスタビライザーのなかでもおすすめとなるKylin Mは、

低い位置を動く被写体も追いかけながら撮影できる優れものです。

今回は、このKylin Mについて詳しく説明していきます。

 

カメラを提げた状態での撮影も可能

通常のスタビライザーはグリップの上にカメラを置く台があり、台の上にカメラを固定して撮影するのが一般的です。
しかしこれでは低い位置を撮影する時にかがまなければならず、さらにその状態で移動しながら映像を撮り続けるのは難しいですよね。

しかしKylin Mは、本体を変形させることで、まるで提灯を下げるような持ち方でカメラをグリップより低い位置に配置して撮影できます。

高い位置は通常モードで、低い位置はこのキャリ―モードで撮影することで、あらゆる高さでの撮影が可能となっているのです。

 

手持ち部分のハンドルでリモコン操作可能

グリップの右側にはフォーカス/シャッター、録画、ズームのボタンがそれぞれ付いています。
カメラと本体をケーブルでつなげれば、カメラを移動させながら、このリモコン機能で上記の操作が可能です。

 

3軸それぞれを自在に操れる4つのモード

Kylin Mは水平移動の「パン」、垂直移動の「チルト」、回転の「ロール」の3軸構造になっていて、

それぞれの軸は360°回転します。

さらにこれらの軸のうち一部をロックすることで、以下4つのモードでの撮影が可能です。

パントラックモード
…チルト軸とロール軸をロックし、カメラが水平にだけ動くモード
オムニトラックモード
…ロール軸をロックし、カメラを水平、垂直に動かせるモード
ロックモード
…全ての軸をロック
ロールトラックモード
…パン軸・チルト軸をロックし、ジョイスティックのボタンを押し続けることで、カメラを傾けたり、回転させたりできるモード

シーンに合わせて、最適なモードでの撮影を楽しみましょう。

 

Kylin Mは今なら約半額で手に入る

Kylin Mはアメリカのクラウドファンディングサイト「INDIEGOGO(インディーゴーゴー)」で出資を募っています。

製作チームはこのキャンペーンが終了後、Kylin Mを正式に発売する予定ですが、

このプロジェクトに今出資すれば、なんとその約半額の値段で商品を配送すると言っているのです。

Kylin Mを手に入れるのに必要な出資額は239ドルで、これは今後一般販売する時の値段の49%オフとなります。

欲しいという人は、今がチャンスかもしれません。

Kylin M: 3-axis stabilizer for lightweight cameras

あなたの人生が、今よりもちょっとハッピーになりますように。

Image: indiegogo
Source: indiegogo

writer:ヴァシコ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です