全ての一眼レフカメラユーザーにとって最後のレンズキャップになる?「Universal Lens Cap」Santa land

全ての一眼レフカメラユーザーにとって最後のレンズキャップになる?「Universal Lens Cap」
Universal Lens Cap – 1 Cap for Every DSLR Lens

こんにちは。Santa Landです♪
今回ご紹介するのは、全ての一眼レフカメラのレンズに対応したレンズキャップ「Universal Lens Cap」です。
一眼レフカメラのレンズを複数持っている人にとっては、レンズのサイズに応じて1つ1つキャップを選ぶのは面倒ですよね。
それに普通のレンズキャップは、雨で濡れたり、地面に落としてしまったりすれば壊れてしまいます。
しかしUniversal Lens Capなら、これらの心配はありません。
Universal Lens Capは全てのレンズに使用可能なだけでなく、防水、防塵、耐衝撃性も備えた優れものなのです。
Universal Lens Capの開発チームはこの製品について、
「あなたにとって最後のレンズキャップになるでしょう」
と豪語しています。
今回は、このUniversal Lens Capについて詳しく説明していきましょう。

一眼レフ用のすべてのレンズに使用可能な伸縮自在の素材

Universal Lens Capは特殊なシリコン製で、このシリコンは60mm~150mmまで伸縮します。
この伸縮自在な素材を使うことによって、キャップをすべてのレンズにフィットさせることを可能にしました。
レンズの表部分と裏部分、それぞれにキャップをはめれば、レンズを完全に防護できます。
キャップの重ね付けもできるので、よりレンズを強力に守ることも可能です。

 

水洗いしても大丈夫な防水性

Universal Lens Capは、キャップがレンズにしっかりとフィットするうえ、外装コーティングにより、中のレンズを雨や湿気から守ってくれます。
レンズにキャップを付けた状態で水洗いする実験でも、中のレンズは無事という結果がその防水性を証明しています。

 

砂に埋めても問題ない防塵性

Universal Lens Capは、小さなチリや砂などからレンズを守る防塵性にも優れています。
キャップの中に入れたレンズを砂漠の砂に埋める実験でも、その効果は実証済みです。
これなら風が強い砂丘地帯でも、レンズの隙間に砂が入る心配はありません。

 

アスファルト上に落としても耐える耐衝撃性

Universal Lens Capは、鈍的な衝撃からもレンズを守ってくれます。
例えばあなたが今アスファルトの地面の上に立っているとして、そこから地面に向かってレンズを放り投げても、Universal Lens Capを付けていれば、レンズは壊れるどころか傷つくことすらありません。

 

あなたにとって本当に最後のレンズキャップになるのか試してみましょう

Universal Lens Capは、アメリカのクラウドファンディングサイト「INDIEGOGO(インディーゴーゴー)」で出資を募っています。
商品は1個、2個セット、3個セット、5個セット、10個セットの中から選択可能ですが、この商品をフェイスブックやツイッターなどでシェアすれば、1つ余分に貰えるのでお得です。
一眼レフカメラのレンズを複数持っている人は、Universal Lens Capが本当に自分にとって最後のキャップになるのか、試してみてもおもしろいかもしれませんね。

indiegogo:Universal Lens Cap – 1 Cap for Every DSLR Lens

あなたの人生が、今よりもちょっとハッピーになりますように。

Image: indiegogo
Source: indiegogo

writer:ヴァシコ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です